2012年10月04日

アクアフォース:ユニット考察 -G3編-

先日8弾環境に関してお話しましたが、その中でも環境にくいこんでいるアクアフォースのユニットについて考察していこうかと。

とりあえず今回はG3を。


◆蒼嵐竜 メイルストローム
LB:4回目のアタックがVヒットしたらCB1で相手Rを1体退却させ、1ドロー。

アクアフォースといったらこれと言われる代表カード。
LB効果が他のV用と比べると、コストが後払いのおかげで圧力をかけながら4パンできる。
LBが2回発動できたらほぼ勝ち確と言ってもいいかもしれない。


◆ハイドロハリケーン・ドラゴン
LB:CB2でPW+3000、4回目のアタックがVヒットした時相手Rを全退却

アクフォV用カードの中で一番の産廃を誇るカード。
打てて2回というところだが相手のハンドが森川で完ガがない状況以外は確実にヒットしない。
これを積むのならネイブルゲイザーを積めと言いたい所。


◆ネイブルゲイザー・ドラゴン
LB:CB2でPW+3000、3回目のアタックがVヒットした時自分のRを2体スタンド

まだ条件が緩くヒットする可能性はあるものの、打てて2回というところがすこしきついかもしれない。
V用ユニットとしてはメイルストロームの次点に位置するかと。


◆ストームライダー ディアマンテス
1回目のアタック時PW+2000しアタック後後ろのRと入れ替わる

メイルやハイドロハリケーンの核となる入替ユニット。
効果発動時に11kvに殴りにいけることから入替ユニットの中では一番の採用率を誇るであろう。


◆要の碇 ダビド
ドロイド互換

TDではおなじみとなったドロイド互換。
ネイブルゲイザーやハイドロハリケーンを軸とした場合はCBの関係上使う余裕がないと思われるが、
メイルストロームの場合CBが余りやすいため、CB1で13kVを殴りにいけると考えると相性の悪いマジェとも戦えるのではと考えている。


◆輝石鉱山の巨人兵
アドリエル互換

各クランに配られているアドリエル互換ではあるが、アクアフォースに関してはブースト無しでアタックをする場合が多く、
相性自体があまりよろしくないと思われる。


◆絶海の参謀ヴァシリス
オムニサイエンス互換

8弾から配られ始めたオムニサイエンス互換。
アクアフォースというデッキ上必要パーツを揃える必要性から配られたのかと思ったが、積むスペースがネイブルゲイザーくらいにしか存在しないことから普通は使われることの無いカードの一種かもしれない。


◆満潮の水将 クセノフォン
V時3回目以降のアタックでPW+3000、R時3回目以降アタックでPW+1000

スカイウィッチナナのような立ち位置だが、アクアフォースの場合はこれを積むスペースは存在しないかと。


◆波状螺旋の水将 ベネディクト
Vにアタックした時バトル終了時にスタンドしPW-5000

メイルストローム軸には11kvを相手した場合空パンすることになるため、汎用性が低く積むスペースがないのではと考えている。
ネイブルゲイザー軸にはワンチャンか?
未だにあまり上手い使い方が分からないカード。




ということでこんなもんでしょうかね。
ベネディクトの上手な使い方誰か教えてください。

posted by ゆー at 15:43 | Comment(2) | vanguard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■こんちは
いきなりすんません。 ベネは、クリティカル積みのネイブルゲイザー軸に向いてそうですね。 後ろにテオ置くと、5k+クリティカル2で。21kと10k。 15kと18kと、相手によって使い分け出来ますわ。
Posted by ちゅんorライ at 2012年10月05日 01:16
■Re:こんちは
>ちゅんorライさん
コメントありがとうございます。
"テオ置いて…"の記述が分かりかねますが実際☆軸でトリガーを載せても要求値が足りないことと、11kv以上への対抗ができないとダメでは?と思っております。
相変わらずベネディクトへの評価は低いですが、参考にさせて頂きます。
Posted by ゆー at 2012年10月10日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。