2013年05月22日

ここくっきー☆


ある程度練りこみ、環境も変わるということでメインデッキを公開しようかと思います。


■グレード 3
4 x スカーレットウィッチ ココ
3 x バトルシスター くっきー
■グレード 2
4 x バトルシスター たると
4 x バトルシスター もか
2 x サイレント・トム
2 x オラクルガーディアン ワイズマン
■グレード 1
4 x オラクルガーディアン ジェミニ
4 x バトルシスター しょこら
3 x バトルシスター おむれっと
2 x バトルシスター くりーむ
1 x バトルシスター めーぷる
■グレード 0
1 x リトルウィッチ ルル
4 x バトルシスター じんじゃー
4 x サイキック・バード
4 x オラクルガーディアン ニケ
4 x ロゼンジ・メイガス


5/10までの制限で使っていたデッキです。

7・12・14 ☆12治4


G3の構成に関してですが、くっきーを3枚にしています。
理由?ダブルG3で死ぬことが多かったからw
あくまでメインはココなのでココを引かなければ始まらない。


G2はもかを特に重要視してます。
やはり11kVが多いのが主な採用理由ですね。4枚必須だと思います。
ココくっきーといえばまかろんを積まれてる方が多いですが、ココに乗ってる間はバニラ9kと個人的には弱いことしか書かれていないんですよね。
条件的にもかのほうが緩いため優先度はもかのほうが上だと思っています。
そして問答無用のトム積み。
前に書いた理由から残りはバニラで埋めたらこうなった。


G1はとりあえずバニラと完ガガン積み。
後の枚数に関しては色々と理由があるのでそれについて書いていこうかと。

とりあえず目に止まるのはめーぷるだと思います。
環境の高速化が進むためココのダメージを考える以前にダメージレースを重視する必要性がでてきました。
そのため擬似的にケイ互換となるめーぷるを採用しています。1枚の理由はこれを確実に引かなければ勝てない訳ではないことと6kということですね。
そしてくりーむ2投。ココサクでいうラックバードのような扱いにしています。
引いて置いておくことができたら戦い方は広がりますからね。
おむれっと3投にしている理由は穴埋めですね。ダークキャットは場合によっては事故回避にはなりますが相手にアドを与えかねないので非採用。最悪アタッカーが引けなかった場合は条件付の10kのアタッカーになれるというのが採用理由のひとつです。

このデッキで前環境勝率7割取れてましたね。
抹消もガンバス相手ではすごく有利に立ち回れます。

これからの新制限でディセが消えるということもあるためココもまだ環境に残れるでしょうね。

posted by ゆー at 10:33 | Comment(0) | vanguard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月15日

はああああパシフィカたあああああああんん


ブログを書いていない間に練りこんでいたパシフィカ軸でも晒そうと思います。

■グレード 3
4 x エターナルアイドル パシフィカ
4 x トップアイドル パシフィカ
■グレード 2
4 x トップアイドル アクア
2 x ガールズロック リオ
2 x 透き通る海の歌姫 イズミ
3 x マーメイドアイドル フリュート
■グレード 1
4 x マーメイドアイドル エリー
4 x マーメイドアイドル セドナ
3 x ライブラリーマドンナ リオン
3 x PRハート(トランプ)ISM−I クリア
■グレード 0
1 x バミューダ△候補生 ウェッデル
4 x ハートフルエール ファンディ
4 x PRハート(トランプ)ISM−M ティモール
4 x PRハート(トランプ)ISM−M カナリア
4 x コミカル・レイニー


クロスライドを前提としたデッキです。

G3は思考停止で4枚ずつ。
基本はトップアイドルに乗り、手札を引き回していく動きをして盤面を整えたのち、LBをして叩くという動きが理想的です。

G2はとりあえずバニラ4投。
そこから先は理由があるのでそれについて書いていこうと思います。

まずはリオ。ヴェッデルをFVとし、序盤からアドを取ってテンポをとっていくことを目的としています。重要度は低いので2投。

そしてフリュート。エタパシのLBの動きにとても深く関わってきます。
11kVまでの場合1パン目にフリュート単体で殴ってからLB→スペコの流れでトリガー無しでも5k15k10k10kとコンスタントに要求を取ることができる。
また11kで殴れることから相手がクロスライドしてきたとしてもライン形成がしやすいという利点が。

最後はイズミ。基本LB後にスペコする対象として積んでいます。
バミューダはハンドがあまり減らない利点がありますがそれでもガード値は苦しいです。
そのため、合理的にガード値を増やすために採用。
クロス相手は最悪スペコした後置物にしててもいいです。トリガー乗れば5k要求できますから。

後はG1
バニラと完ガは思考停止4枚。
自爆採用理由はデッキに残す必要があるイズミがダメ落ちした場合回収する役割をもっています。
あとはパシフィカで戻した物をシャッフルできるため治を戻す価値が上がります。

FVはヴェッデルを使用。
自ら消えられるFVというのが一番大きいですし、ラインを整えることも可能。またリオで序盤からアド・テンポをとっていくための採用です。


ということでパシフィカもなかなかの強さを秘めています。
構築も自由度があるので皆様一度考察してみては如何でしょうか。


posted by ゆー at 10:26 | Comment(0) | vanguard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月13日

あれ、また制限改定か


ということで5/11から

ディセンダントが2枚制限
騎士王・ぶれいぶ・コンロー・ジエンド・トム・一拍子が制限解除

ということになりました。


先日のアジアサーキット・ヴァンガ祭の結果を踏まえての改定となる訳ですが、
そりゃディセ強いもん。

ジエンドが消えた理由は制限にある訳で、これから戻ってくるとなるといい感じに環境に食い込めるのではと思いますが。

元々ディセ使いはジエンドを使っていた傾向にあるようですし、実際ジエンドと似たところはありますよね。


またジエンド使いが増えるんじゃないかなぁ・・・。



それではここから制限解除されたカードに関してちょっと書いていこうかと。


今回ぶれいぶの帰還により徳島シャドパラ復活のお知らせ。
マジェ自体が2枚積めるようになったことで前制限よりは安定して回せるようになったかと。 

コンローは元々1枚しか積まないカードですし、ある意味ジエンドの道連れに遭った感も否めなかったのでまあ妥当。

そしてやはりジエンドの復活は大きいと思います。環境変動もワンチャン見える。

どっかの鷹さんも戻ってきたのでやろうと思えば鷹でも戦える・・・・?
前よりもなんとかなるとはいえ流石に辛そうだけれども。

そして一番の脅威トムさんが帰ってきてしまいましたね。
トムノカチデース




さてこれからの環境、トップメタは抹消。次に解放・ココ・ジエンドという予想を立ててます。
どう頑張っても守護天使は環境に食い込めないと思っています。あれザラキエルに依存しすぎ。



今回の地区大会からまた制限改定がありそうですし、これからが楽しみですね。

posted by ゆー at 11:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。